エバーは永遠、エフォートは努力、この2つの言葉から、エバーエフォートの社名は生まれました。
その言葉通り、常に努力しているのがこの会社の特徴です。
社員の平均年齢24歳、若井といえば若い、未熟といえば未熟です。
しかし、仕事が未熟な会社には、誰も仕事を依頼しようとは思わないでしょう。
将来性があったとしても、企業は将来ではなく現在のサービスで判断します。
厳しい世間の評価の中で、なぜエバーエフォートは成長することができたのでしょうか。
その未熟さをカバーするほどの熱心さ、消費者の気持ちに近いことから気づけることがあるから、仕事を依頼しようという法人が絶えないのでしょう。
未熟とは未完成と同意語です。
未完成だからこそ、失敗を恐れずチャレンジできる余地があります。
エバーエフォートは、コールセンター事業と法人ソリューション事業を行っている会社ですが、現在ではアライアンス事業やフラワー事業も行っています。
これからどのような事業展開をしていくのか楽しみな会社です。