歯医者に通う主な目的が虫歯の治療であることは、今も昔も変わりません。
しかし、最近の医学や科学の進歩によって、治療に使われる器具や機械は大きく変化しつつあります。
歯科用CTも、そのひとつと言ってよいでしょう。

歯医者で歯の治療をする際には、治療が必要な部位の歯や骨の状態を前もって知っておくことが必要になります。
肉眼で確認するのでは、歯の内部や骨の状態までは分かりませんから、専用の機械を使わなくてはなりません。
歯や骨の状態を確認するために、これまで広く使われてきたのは、レントゲンです。
歯やその周辺のレントゲン写真を撮って、歯や骨の状態を確認していたわけです。
ですが、レントゲン写真には、ある種の限界があります。
その限界とはどのようなものなのか、船橋市にある歯科医院、みらいえデンタルオフィスのホームページの記載を参考に見ていくことといたしましょう。

みらいえデンタルオフィスのホームページによると、レントゲン写真は平面的にしか写し出されないため、どうしても診断する際に限界があるとのことです。
そこで、みらいえデンタルオフィスで導入しているのが、歯科用CTです。
CTを使用することで、状態を立体的にとらえることが出来、治療計画を立てやすくなるなどのメリットがある、ということです。
インプラントの際にも使用されるとのことですから、興味のある方はこちらのページを一度チェックされてみてはいかがでしょうか。