自社がプライバシーマークを取得すれば、社内にも良い変化が起こる効果を期待することができます。
個人情報の漏えいは、社員がケアレスミスをしたせいで発生した事例が多くあります。
たった1名の従業員の軽率な間違いで、企業が傾くほどの深刻な事態にまで発展することもあるのです。
プライバシーマークを取得することにより、このような事故を未然に防げる可能性が高まります。

なぜかといいますと、プライバシーマークの取得や取得後の運用では、個人情報を取り扱う人達に対する教育を、継続して行なうことが不可欠となっているのが理由です。
個人情報の取り扱いに対する従業員の意識が教育によって高まり、ケアレスミスの発生を少なくする効果が見込めます。

このような効果を望んでプライバシーマークの取得をめざすのであれば、いまは専門のコンサル会社の支援を受けるのが当然のようになっています。
ただ、コンサル会社は非常に数が多く、提供するサービスの質にはバラつきが見られます。
最初から劣悪な業者を除外してコンサル会社を比較したいということであれば、全国の優良なプライバシーマーク取得コンサル会社の見積りを一括で取得できるWebサイト、Pマーク一括見積り術(コチラ)を利用するのが良いでしょう。