ドローンは現在、様々な場所で活躍しています。空から景色を撮るだけでなく、PR動画を撮ったり、様々な活躍の仕方があり多くの企業がドローンを導入しています。

住まいのトータルコーディネータとして小田原や海老名を中心に活動をしているS.T.Cサンテックもこのドローンを利用しています。外装や家の修理において一体何が役に立つのかと疑問に思う方もいるかもしれません。本来、屋根の状況を見ようと思うなら人が登りカメラに収めるという方法があります。しかし、塗装業者を利用するにあたって「屋根に登ってほしくない」という方も多くいます。そんな時に空撮という手段を持っていればドローンを使って屋根を撮影をする事が可能となるのです。

何より人件費などが抑える事ができるのでコストがかかりません。また時間もかからないので「すぐに見積もりをしてほしい」という方の要望に応える事も可能となっています。S.T.Cサンテックは屋根だけでなく、ソーラーパネル点検を行ったり、森林調査、土木測量なども行っています。またPR動画撮影など工事業者とは思えないサービスも手がけています。

イベントや施設のプロモーションの撮影に空撮を利用したい場合は一度検討してみるのもいいでしょう。