土地活用プランナーは、急な相続や手つかずにしていた空き地を持っているオーナーの方に、適した土地活用方法を提案することができる資格です。
日本では、少子高齢化やIT化などによって、ライフスタイルが大きく変化してきています。
そのため、その時代に合った土地活用が求められるようになります。

日本国内では、相続に関する相談が増加傾向にあるようです。
合わせて土地を相続した人からの土地活用の方法についての相談も、同じく増加しています。
そういった需要の増加によって需要度が高まってきているのが土地活用プランナーという資格なのです。

非常に需要の高い資格なのですが、実は土地活用プランナーの資格は、試験の難易度がそこまで高くありません。
そのため、非常にコストパフォーマンスに優れた資格となっているのです。
土地活用プランナーの資格試験の合格率は、70パーセントから75パーセントと、他の不動産関連の資格試験と比べて、合格率が高くなっています。
また、合格するために必要な学習期間は1ヶ月から3か月程度となっていて、試験範囲もそこまで広くないといった特徴があります。
不動産ココには、土地活用プランナーについての情報が、より詳しく紹介されていますので、ぜひチェックしてください。