お子さんがピアノを習い始めたものの、上手くいかずにやめて行く場合が多くあります。
子どもに何かを継続して習わせることはとても難しいことではないでしょうか。
ピアノの場合もまた同じで、単調な練習やピアノの前でじっと座らせていることなど、ピアノに興味がない子どもにとっては苦痛でしかほかなりません。
子どもの興味が湧くようなレッスンを心がけているピアノ教室を選ぶことで、その心配は解決の方向へ向かいます。

JR埼京線の板橋駅近くにある加納佐於梨ピアノ教室には、子どもや幼児への思いやりが伝わるレッスンのやり方があります。
まず、まだ慣れていない子どもに対しては、各月5名限定で、一回完結のレッスンがあります。
ピアノ教室への参加を考えていて踏み切れない場合などにピッタリのシステムです。
何度か予約をして徐々に慣れたところで、本格的にレッスンを始めるのもいいですね。

幼児期には、聴くことに重点を置き耳を鍛えます。
自分で奏でる音も耳で聴いて感じる取ることがピアノ演奏の上達への近道です。
その後もソルフェージュを取り入れながら、曲のレパートリーを広げたり、将来に向けて本格的にピアノの技術習得に勤しんだりしていくことになります。
中学生までが子どものクラスとなり月3回の月謝制なので、ピアノ教室が定着しやすい環境も整います。