「こんなに生活に支障が出ているのに、なぜこの等級?」と感じている方は是非、このまま読み進めてください。
認定された後遺障害に納得できない場合でも、諦めるのはまだ早いですよ。

後遺障害は年間約6万件も認定されていますが、すべて人による判断であるため、残念ながら見落としが発生してしまうことは避けられません。
判断基準となる診断書や医療記録の漏れ、書類の不備、誤った評価が主な原因であると考えられます。
誤った内容で認定をされてしまった場合、手続きの公正さを確保できなくなるだけでなく、本来受けられるはずの補償が受けられないということになってしまいます。
例えばバリバリお仕事をされていた方が、交通事故の後遺障害によって今までどおりに仕事ができなくなったとします。
ここで誤った認定をされてしまうと、生活していく上での最低限の収入すらも得ることができなくなってしまうおそれがあるのです。

そんな時に活用したいのが、後遺障害の異議申立です。
「後遺障害サポートドットコム」というサイトでは、実際に異議申立を行った結果、等級が上位に変更されたり、非該当だったものが認定されたケースが何件もあります。
このような多くの実績を持つ弁護士による異議申立や示談交渉を活用して、あなたのお悩みを解決しませんか?

https://kouisyou-support.com/failure-grade/