日本国内では、どうしても人的リソースをかけるほうが偉いと思われてきました。
計算などもエクセルで行うよりも電卓で行った方が偉いと思っている管理職などもいるように、労力をかければかけるほど会社に貢献していると思っている方が一定数いるのです。
しかし、新型コロナウイルスが蔓延した結果、そういった考えの方でも、もしかしたら必要のない労力だったかもと思い返す方も増えてきております。

特にテレワークなどは、会社にいなければできない色々な事を排除しなければいけない状況になりましたが、色々な代替案を出すことによって、同じレベルで仕事ができるようになっておりました。
しかも、以前よりもはるかに労力を低くしているのにも関わらずに同レベルの作業ができるのですから、頭の固い管理職の方も考えを改めなければいけなくなりました。

このような新型コロナウイルスの影響があり、仕事を効率化することは、会社に良い影響を与えることに繋がると思われるようになり、面接コボットのようなRobotic Process Automationを導入するのに躊躇しなくなりました。
Robotic Process Automationは、面接コボット以外にも色々な種類がありますので、会社の業務内容やスタッフの傾向に合わせて選ぶのがおすすめです。

面接コボットについて詳しくはコチラ