最近は将来の健康状態を考えて早めに有料老人ホームに入居される高齢者が増えています。
比較的、介護が必要な施設よりも規模が大きく、食堂や大浴場、フィットネスクラブを備えている施設、中には高級ホテルのようなラウンジのある施設も登場しています。
共用施設が多いと充実して過ごせますし、他の入居者やスタッフともコミュニケーションも楽しめます。
ダンスや絵画、マージャンや卓球などを楽しめたり、花見やバスツアーなどイベントに参加できる施設もあります。
また、介護が必要な施設より個室も充実しています。
テレビやソファ、テーブル、ベッド、お風呂やトイレ、洗濯機を置いて自由に洗濯することも出来るので自分の家で過ごしている感覚で暮らせます。
ですから、有料老人ホームを選ぶ時には費用や立地だけで決めず、様々なサービスを比較して決めるのがお勧めです。
ちなみに元気な高齢者が入居できる施設は何歳から入居できるのかというと60歳か65歳以上と定めている施設が多いようです。
ただ、どこの施設でも70歳以下の入居者は少なく、70歳や80歳以上の方がほとんどです。
また、施設によって条件に違いがあり、誰でも入居できるわけではありませんから、有料老人ホームを比較する時には入居条件を確認することも大切です。