ビットコインを獲得するうえで、採掘という方法があります。
仕組みは取引ごとに取引履歴ができそれをブロックといいます。
それが承認され、次の未承認である取引記録であるブロックができます。
それらすべてをチェーン上に結んで過去すべての取引記録が保管されます。
元帳のようなものです。
取引記録の承認作業には、次の未承認であるブロックをつなげなくてはいけません。
元帳の末尾に正しくつなげるための作業に必要なのがキーとなる値を見つけなければなりません
そのキーを見つける作業が採掘と呼ばれる作業になります。
毎ブロック、先着1名だけが、キーを見つけることができ、次のブロックへと繋ぐことができ、新しくブロックができ、そこで発生したビットコインを手に入れることができます。
しかしながら、このキーを見つけるのは非常に大変な作業です。
先着一人しか手に入れることができないので、世界中の人が取り合いの作業をしています。
誰でも見つけることができてしまえば、ビットコインの価値が大きく下回ってしまうからです。
昔は、参加者が少なく、採掘作業の難しさも程度がありましたが、今では、参加者も多く計算スピードが求められるために個人で採掘作業をして稼ぐというのは現実的ではありません。